肉離れ 治療 0日目

肉離れ治療日記 0日目 肉離れの瞬間

2014年9月5日 金曜日
夜22時5分ごろ、フットサルをしている最中に

 

「パンッ!」

 

という乾いた音がし、その瞬間ふくらはぎに痛みが走りました。
最初はボールがふくらはぎにあたったのかな?と思ったのですが
2〜3歩走ったときに普段とは明らかに違う体の異変に気づきそのままコートからフェードアウト。

 

どんどん足が痛くなり、「肉離れしたかも?」と思いました。

 

たまたま一緒にフットサルをやっていた人の中に外科医がいたのですぐに診察してもらい

 

「詳しくはわからないけど肉離れだと思うよ。
すぐにアイシングと圧迫して明日病院にいきな」

 

とのことで、すぐに氷嚢でアイシング&圧迫を開始しました。

 

アイシング中暇あったのでスマホで肉離れについていろいろ調べる。

 

すると、発症から4〜5時間は特に大事な時間帯で
しっかりとアイシングと圧迫をすればスムーズに治っていくということがわかりました。

 

なので、それから2時間、コートの脇でアイシング&圧迫しつつ
帰宅後も深夜2時までその処置を続けました。

 

時間が経つにつれ痛みがひどくなっていくので不安ではあったのですが
とりあえず足を心臓より高い位置において、
自宅に転がっていたテーピングテープでふくらはぎを軽く圧迫した上体で就寝しました。