肉離れ 3週間目

肉離れ 3週間目 本格的なリハビリ開始!

現在の症状は、歩く分には問題なく坂道も普通に歩きで登れる状態です。

 

ふくらはぎを肉離れして3週間目にしてようやく本格的なリハビリを開始することができました!

 

ここでいうリハビリとは、
ストレッチだけではなくカーフレイズといった筋力トレーニング系の動作による
運動機能回復および再発防止に向けた取り組みのことです。

 

「そろそろリハビリできるかな?」と思ったきっかけは、
アキレス腱伸ばしを目一杯のところまでやってもピキッとする激痛がなかったからです。

 

肉離れ特有のハリは残るものの、無理をしなければ筋肉を収縮させることができる状態です。

 

この「筋肉を収縮させる」というのは、肉離れをやった人にとってとても恐ろしいことです。
少しでも強度を間違えるとピキッと激痛が走り、治療がゼロから振り出しに戻ってしまいます。

 

今日のリハビリは椅子に座った状態でのカーフレイズ。

 

椅子に座った状態でやるので筋肉に負荷はかかりません。
ふくらはぎを収縮させる感覚を取り戻すことが主な狙いです。

 

肉離れから3週間、全くふくらはぎを収縮させていなかったので
こうした簡単な動作でも足がプルプルします。

 

あせって早く収縮させると痛みが出ると思ったので、
じっくり時間をかけながら合計30分くらいカーフレイズを繰り返しました。

 

その後は少しふくらはぎが張りましたが、その張りはすぐに収まりました。
この調子でリハビリを進めて元の運動機能に戻していきます。