ふくらはぎ 肉離れ 腫れ

ふくらはぎの肉離れの腫れはどれくらいひどくなるのか?

ふくらはぎを肉離れすると時間経過と共に腫れてくることがあります。

 

ひどく腫れる人もいれば、
全く腫れない人もいるので
「一概にこれくらい腫れます」というのは言えないのです。

 

一般的に肉離れの程度がひどいとパンパンに腫れ、
程度が軽いとほとんど腫れません。

 

また、同じ重症度の肉離れでも
肉離れ直後の処置が適切だと腫れは少ないです。

 

私は中度の肉離れでしたが、
直後の処置が適切だったのでほとんど腫れずに済みました。

 

重症の人はパンパンに腫れてきます。
そして腫れと一緒に内出血による青あざも出てくるでしょう。

 

ふくらはぎの肉離れの腫れの原因は
炎症と内出血からくるものです。

 

なので、ふくらはぎの肉離れを起こしたら
すぐに足を心臓より高い位置に置き、ふくらはぎの血圧を下げると内出血を抑えれます。

 

そして、肉離れの箇所をアイシングしながら圧迫しましょう。
アイシングすることで血管が収縮し内出血を抑えれるほか、
患部の温度を低下させ炎症を抑えることができます。

 

そして、圧迫することで圧迫止血のような形で内出血を最小限にとどめることができます。

 

こうした処置を適切に行えば、
よほどひどい肉離れでなければひどく腫れることはありません。

 

腫れがひどいと治療期間が長引きます。
早く治すためにも、いかに腫れを抑えるかは重要なポイントです。